クラシックもジャズもできる!花形楽器のトランペット

金管楽器の魅力が詰まったトランペット

トランペットはキラキラと輝く明るい音質のため天使の楽器とも言われている人気の楽器です。中学校の吹奏楽部ではトランペットを希望される生徒がとても多く人気が伺えますが、トランペットを選ぶことでその後の音楽の趣味の幅が広がる、とても魅力的な楽器です。トランペットは小さなマウスピースを口に当てて、3つのピストンを操作してメロディーを奏でる楽器ですが、腕の力で楽器を支える必要があるのである程度腕力が必要となり多くの方が中学校からこの楽器を始めます。

ジャズも、クラシックもできるトランペットの魅力

トランペットの最大の魅力は活躍の場の広さです。中学校や高校などの部活、吹奏楽部ではこの楽器はメロディやソロがある花形楽器ですが、それ以外にもクラシック音楽の世界でもトランペットは古くから使われてきた欠かせない楽器です。その上、ビッグバンドやカルテットといったジャズの世界でもトランペットは最も使われている楽器です。音楽の趣味が変わり他のジャンルに挑戦したくなっても、どのカテゴリーでもトランペットは活躍することができます。

上手なトランペットの選び方とは

トランペットの楽器選びは年齢や音楽のジャンルによっても変わってきます。小学生などまだ腕力がついていない時期の場合は丸みがあり支える力が軽くて済むコルネットをおすすめします。中学高校の吹奏楽で使う際には明るい音色の軽いタイプがおすすめですが、クラシック音楽に使う場合はドイツのメーカーなどの重厚な響きの楽器を選ぶことをおすすめします。クラシックではロータリートランペットなどを指定されることもあり、複数台所有するプレイヤーも多くいます。

肺活量がある方がトランペットに向いていますので、日々のトレーニングはジョギングをしておくのがお勧めです。